有限会社フォトセピア ホーム | サイトマップ | お問合せ

写真デジタル化のよくある質問

・質問の項目をクリックして頂ければ、答えが表示されます。 一度クリックしても表示されないときは、再度クリックして下さい。
・答えを隠す時は、もう一度質問をクリックして下さい。クリックしても答えが隠れない時は、 再度クリックしてください。
  1. アルバムの中から写真を選択してデジタル化することはできますか?
    可能です。アルバム内のデジタル化されたい写真に付箋紙を貼付し指定してください。
  2. 結婚式の記念にいただいた台紙付きの写真はデジタル化できますか?
    枠付き台紙の場合は枠内の画像であればデジタル化可能です。厚紙台紙アルバム の価格が適用されます。写真屋さんが著作権を放棄されてない場合は、許諾を得てください。
  3. ポケット式アルバムの写真は、写真を取り出してデジタル化するのですか?
    ポケットから取り出してデジタル化します。 従って、ポケット上の汚れは、デジタル化した写真に付きません。 但し、まれにポケットと写真が貼りついてしまって取り出せない場合があります。 このような場合は、ポケットに入れたままデジタル化することになります。 この場合、写真とポケットの間の隙間の影響で、データにムラが発生することがあります。
  4. 写真のサイズはいろいろなサイズが混在しても構いませんか?
    問題ありません。但し、最大の写真サイズはA3までです。 但し、A4サイズ以上の場合、手数料がA4サイズ以下とは異なります。
  5. アルバムというのはどういうアルバムのことですか?
    一般的な写真アルバムで、厚紙に直接写真を貼り付けたもの、コーナーを 貼り付けて、コーナーに写真を挟んだもの、 透明のフィルムで写真を挟んだものなどです。 厚紙ではなくても、写真がアルバムから外せない状態のものは アルバム写真扱いとなります。 例えばスクラップブックなどの貼り付けた写真も、アルバム写真 となります。
  6. アルバムの写真は剥がしてデジタル化するのですか?
    いいえ、剥がさずに入力します。透明フィルムカバー方式のアルバムの場合は 一旦フィルムのみ剥がしますが、入力したあと元にもどします。
  7. 絹目や微粒面のプリント写真でもデジタル化できますか?
    デジタル化は可能です。ただし、拡大すると網目のような模様が 入ったり、ノイズのような白点が入ることがあります。
  8. デジカメで撮った写真のデータを無くしたのですが、プリントからデジタル化は できますか?
    銀塩プリントでプリントした写真は問題ありません。 インクジェットプリンタでプリントした写真の場合は、ドットの影響でムラが発生 することがあります。
  9. 写真以外のものもデジタル化できますか?
    大きさがA3以下、表面が凸凹してないものであれば可能です。 入場券、切符、しおり、新聞の切り抜きなども可能です。手数料は写真と同じです。
  10. アルバムのページ全体をスキャンできますか?
    アルバムのページ単位でのスキャンニングは現在行っておりません。
  11. カラー写真をデジタル化したあとの色あせ補正は有料ですか?
    色あせ補正は料金の中に含まれております。 白黒写真も含めて色あせ補正を行なっております。 また、補正を行なっていないオリジナルデータも お渡ししておりますので、色あせた感触をお楽しみ頂くこともできます。 ただし写真によって効果にバラツキがあり、 十分に補正しきれない場合もあります。 補正は、一枚の写真全体で同じ補正を行いますので、部分的なシミなどの 補正は行われません。部分的な補正やキズ・ヤブレの補正はこちらからご利用ください。
  12. セピア色になった白黒写真はデジタル化して、 新品の白黒になりますか?
    色あせ補正のデータは、新品のような白黒写真にします。 未補正データは、セピア色のままとなりますので、 ご希望によって使い分けることが可能です。
  13. 小さな写真でもデジタル化できますか?
    小さくてもデジタル化は可能です。 免許用のお写真程度のサイズでも可能です。 昔のベタ焼き(今のインデックスプリントに相当)写真でも可能ですが、 小さい写真の場合は、解像度を 1200dpiにした方が良いと思います。 ジャギー(エッジが階段状になること)が軽減されます。
  14. デジタル化して補正したデータはプリントして送ってもらえますか?
    オプションにて対応しております。L版10枚以上、2L版5枚以上であればフジフィルムのプリントにて提供させていただきます。L版10枚未満、2L版5枚未満では、弊社によるインクジェットプリントとなります。
  15. デジタルデータをパソコンで表示すると色が違って見えるのはなぜですか?
    多くの場合、パソコンのモニータの表示誤差と思われます。デジタル化の誤差によっても 微妙に色が変わることがあります。アドビRGB対応の高性能モニターをご使用の場合は、 カラープロファイルに対応したソフトをお使いになってご覧下さい。カラープロファイル に対応していないソフトでご覧になると、色が強く出てしまいます。
  16. デジタル化した画像は、再度プリントできますか?
    勿論プリント可能です。フォトセピアのデジタル化の解像度はA4以下のプリントであれば600dpiですので 一般にプリントに必要とされる解像度300dpiの2倍の解像度です。従って、プリント用には 十分な解像度を備えていることになります。
  17. ピントのボケた写真をデジタル化して、くっきりした写真にできますか?
    デジタル化の補正には、画像をシャープにする補正が含まれていますが、 ピンボケ補正の為ではなく、あくまでも画像をシャープにする目的です。 ピントが大幅にずれている写真は、補正困難です。
  18. DVDではなくてオンラインでデータを受け取ることはできますか?
    お急ぎの場合、ご希望によりウェブからダウンロードする方法がお使いいただけます。詳細は 直接お問い合わせください。
  19. DVDには何枚程度の写真が入れられますか?
    L版(またはサービスサイズ)の写真の場合、DVD一枚に約1500枚 程度の写真が入れられます。写真の精細度にも依存しますので、あくまでも目安です。
  20. 写真1枚当たりのファイルの大きさはどの程度ですか?
    L版プリント写真の場合、平均1.5Mバイト程度です。但し、写真に写っている画像によって サイズは変わります。未補正画像と補正済み画像でもファイルサイズは異なります。
  21. DVDにデータを追加で書き込むことができますか?
    一度書き込んだDVDにはデータを追加で書き込むことはできません。 もしご自分でデータを追記されたいのであれば、 新しいディスクをご用意いただき、フォトセピアから お届けしたディスクの内容を一旦PCの適当な領域にコピーし、 そのコピーした領域にデータを追加して 頂いた後、新しいディスクに書き込んで下さい。 尚、あたらしいディスクの書込みにはライティングソフトが 必要になります。
  22. 送られてきたDVDはDVDプレーヤで画像を見ることができますか?
    DVDプレイヤではご覧いただけません。 フォトセピアからご提供するDVDはパソコン専用のDVDです。 DVD−Rに対応したパソコンのDVDドライブに入れてご覧下さい。
  23. JPEGの圧縮はどの程度ですか?
    一般的には高品質と呼ばれる部類に入ります。 規格があるわけではありませんので、ファイル容量から ご判断下さい。圧縮の影響を排除なさりたい場合は、Tiff形式でもご提供しております。
  24. JPEGの圧縮によって画像がボケることはありますか?
    JPEGの圧縮でボケることはございません。 圧縮を強くした場合の弊害は、画像の階調特性の 劣化(色が階段状に変化する)と、JPEG特有の斑点の発生です。
  25. 返送用のレターパックを同封した場合、送料は無料になりますか?
    システム上、送料が表示されますが、割引にて相殺させていただきます。 但し、レターパックの場合 発送可能な写真枚数が限られます。 当社がレターパックでの発送が無理と判断した場合は、 通常の方法にて発送し、未使用のレターパックは データ、お写真と一緒に返送いたします。 また、この場合は、通常の送料を請求させていただきます。写真の紙厚にも依存しますが、 目安としてL版プリントで100枚を超える 場合は、DVD1枚を含めたレターパックでの返送は無理とお考え下さい。 また、レターパックご使用の場合は 着指定、代金引換はご利用頂けません。 お客様が返信用レターパックを同梱される場合は、レターパックの宛先には 何も記入なさらないようにして下さい。
  26. ボリュームディスカウントはありますか?
    ボリュームディスカウントは実施しておりません。 バラ写真500枚以上、アルバム写真250枚以上、 フィルム100コマ以上のご依頼の場合、 納期延長による割引がご利用いただけます。詳しくは、 納期のページをご参照願います。
  27. 8ミリフィルム、16ミリフィルム、 映画用35mmフィルムのデジタル化は可能でしょうか?
    8ミリフィルム、16ミリフィルム、映画用35mmフィルムには対応しておりません。
  28. ビデオのデジタル化は可能でしょうか?
    ビデオのデジタル化は承っておりません。
  29. 紙やプラスチックの枠に入ったフィルムのデジタル化は可能ですか?
    はい、マウントされたフィルムと呼んでいますが、可能です。一般的には、枠から取り出すことなく入力しますが、一部、カバーガラス(カバーフィルム)の付いたマウントの場合は、マウントからフィルムを外して入力します。
  30. フィルムが結構汚れているのですがデジタル化は可能ですか?
    汚れの程度にもよります。ひどい場合は、弊社にてクリーニングをした後、入力します。クリーニングはクリーニング液を特殊なクリーニングペーパーにしみこませて拭き取ります。したがって多少キズがつくことがあり得ます。汚れがひどくなければクリーニングは行いません。
  31. 水にぬれたプリント写真のデジタル化は可能ですか?
    完全に乾燥しているのであれば、おそらく入力可能と思われます。おそらくというのは、プリント写真の湾曲の程度に依存するからです。一般的に、一旦水にぬれた写真は、自然乾燥させるとひどく湾曲してしまうことが多々あります。この場合、無理にフラットに矯正できない場合があります。また、乾燥していない写真の場合、表面が、ドロドロに溶けている場合があります。この場合は、そのままでは入力はできません。溶けている部分を拭き取ってからの入力となりますが、その場合、画像も一緒に取れてしまいます。拭き取っても画像が残っているのであれば、入力は可能です。
  32. フォトフレームのガラスに写真がはりついてしまっている場合、デジタル化は可能ですか?
    基本的にガラスから写真をはがして入力することとなります。弊社にてはがすことは多くの場合可能ですが、その際、写真に多少ダメージが加わります。また、写真によっては、剥がせない場合もあります。この場合は、入力した画像の品質に影響が出ます。
© 2006- PhotoSepia corporation. All Rights Reserved