有限会社フォトセピア home | sitemap | お問合せ

フォトセピア写真修復サービス

お問合せ Tel 045-520-7590
受付時間 9:00〜17:00(金、土、祝日除く)
キズがついたり、破れた古い写真をお持ちの皆さまへ
ほとんどの写真の劣化に対応した修復サービスです

フォトセピアの写真修復・修整の特徴

特徴1 ほとんどの欠陥に対応
キズ修正前後

キズの修正

ヤブレ修復前後

破れ修復

汚れ除去前後

ヨゴレの除去

欠け修復k前後

欠け修復

日付の消去前後

日付の消去

落書きの修正前後

落書きの修正

液体付着シミの修整前後

液体付着シミの修整

異物付着と変色の修整前後

異物付着と変色の修整

カビ修復前後

カビ修復(フィルムの場合)

  写真における一般的な問題にはほとんど対応できます。対応できないものは、下の写真のような本来の画像が推定できない欠損、強いボケ、 強い手ぶれです。本来の画像が推定できない場合でも、他の写真から該当部分を合成する等の方法も可能です。

大きな欠損

強度のボケ・ブレ

特徴2 色の補正も含まれております
  単にキズやシミほ除去といった修復のみならず、色補正も含まれておりますので、写真を撮った当時の美しさがよみがえってきます。
特徴3 固定料金ですからご安心してご利用いただけます
  一般的な写真修復料金は、写真を見て見積る形態か、最悪の場合を考慮した高い料金設定を行う形態がほとんどです。フォトセピアは、画素数固定方式(1000万画素)(*1) にすることで、修復程度、写真サイズに依らない固定料金方式で、しかも一枚900円(入力代除く)という超お得なお値段設定です。多くのキズがあっても、修復可能(欠損した部分が周囲の画像から推定できる)であれば、お値段は変わりません。安心してご利用いただけます。高精細写真用に2000万画素、3000万画素モードもご用意しております。
*1画素数固定:一般的に写真をデータ化する際、一定の密度で写真をデジタル化しますので、写真の大きさが変わると画素数が変わってしまいます。修復は、画素数が多くなるほど手間がかかりますので、画素数を一定にすることで、修復の手間を均一化します。これが画素数固定方式(当社呼称)です。フォトセピアでは特にお申し出がない限り、一部を除き入力は600DPIで入力しますが、修復は1000万画素を上限に設定します。(1000万画素以下は入力した画素数のままとなります。) 大雑把な表現ですが、キャビネサイズ以上は1000万画素に固定されるとお考え下さい。サイズが大きくて高精細な写真に対しては、2000万画素、3000万画素のモードもご用意しております。
お問合せ Tel 045-520-7590
受付時間 9:00〜17:00(金、土、祝日除く)
写真店様、写真業者様からのご依頼はお断りしております。

お取扱する写真の種類

フォトセピアのサービスでは、以下の写真原本をお取り扱いしております。
台紙アルバム

アルバム写真

バラ写真

バラ写真

ポケット式アルバム

ポケットアルバム

ネガフィルム

ネガフィルム

ポジフィルム

ポジフィルム

ニュース

連絡先(写真送付先)

有限会社 フォトセピア    〒236-0038 神奈川県横浜市金沢区六浦南3-18-5    tel 045-520-7590 日〜木 9:00〜17:00
質問フォームに移動
ページトップ

お役立ち情報とブログ

ライトフィールドカメラの原理  位相差AF原理  像面位相差AF原理  カメラカタログ用語辞典  最新カメラ情報  ボケ補正は可能か?  写真の整理方法  写真データバックアップ方法  フォトセピアのカラーマネージメント  写真に含まれるゴミへの対策  写真スキャン講座  写真スキャン講座(フィルム編)  写真デジタル化に必要な入力解像度  写真デジタル化のためのスキャナーの選定  写真(データ)の整理・保管のための便利なツール  美大生の為の写真講座  フォトセピア日記
© 2006- PhotoSepia corporation. All Rights Reserved